お気軽にお問い合わせください

tel. 048-554-7471

CMOS Camera System

CS-70Series

ROHS対応
12/16bit CMOS 評価貸出 実施中
CS-70シリーズ

CS-70シリーズは、冷却CCDカメラから置き換わりCMOSセンサーを-10℃以下の低温にした冷却CMOSカメラシステムです。
受光するセンサーは熱による暗電流の増加が起こります。特にCMOSセンサーは高速で動作するため発熱が多くなりノイズの増加が懸念されます。
ビットランの冷却カメラは密閉構造によりセンサーを結露させることなく冷却し、ノイズを大幅に低減させて長時間露光も可能にします。また、独自の冷却技術はリニアに近い出力になるため光量計測にも向いています。
インターフェースはノートPCでも手軽に使えるカメラダイレクトUSBを標準装備。さらにオプションの画像記録用インターフェースと組み合わせることでPC性能に依存することなくカメラの最高速でコマ落ちせずに画像データの記録も行えます。

CS-70シリーズ BH-70シリーズ
〈 特徴 〉

独自の冷却技術により、分単位の露光でも低ノイズ

画質優先16ビットと速度優先の12ビット階調切り替え可能

35mmフイルムサイズの広視野

USBの他、Matrox社製フレームグラバボードと画像記録インターフェースに対応

PythonやLabVIEW,VC#,VC++からカメラを制御可能

ImageJから直接撮影し画像取得するカメラドライバ

〈 CMOSカメラシステム CS-70シリーズ 一覧 〉

  • CS-71M/C
    NEW!

    CS-71M/C

    DualADC 2028万画素 冷却CMOSカメラ

    1.1型4504×4504画素のCMOSを搭載。
    受光面が正方形なので顕微鏡にも最適です。

    裏面受光型により2.74µmピクセルの小型ながら高い感度を有し最長10分の露光も可能です。

    DualADCのHDR撮影を行うことでダイナミックレンジの広い画像が撮影できます。

  • CS-72M/C
    NEW!

    CS-72M/C

    35mmフルサイズ 6104万画素 冷却CMOSカメラ

    35mmフルサイズの高感度裏面受光型CMOS搭載。16bit階調と最長10分の露光時間によりCCDでの微弱光撮影用の代替としてご利用いただけます。

    画質優先16bitと速度優先12bitを切り替えて撮影することができます。

  • CS-73M/C
    NEW!

    CS-73M/C

    4×4 16bit
    4551万画素 冷却CMOSカメラ

    1.4型サイズ8192×5556画素CMOS搭載。2.315µmピクセルの分解能により高精細な撮影が可能。

    4×4デジタルビニングでは疑似16bitを実現。

    最長10分の長時間露光も行えます。

  • CS-74M/C
    NEW!

    CS-74M/C

    APS 16bit/12bit
    2602万画素 冷却CMOSカメラ

    1.8型APSサイズ高感度裏面受光型CMOS搭載。

    多彩な撮影モードが効果的な撮影シーンにマッチします。

    16bit階調と10分露光でも低ノイズが、冷却CCDカメラの代替としてご活用いただけます。

分光感度特性

CS-71M 分光感度特性
CS-71C 分光感度特性
CS-72M,CS-74M 分光感度特性
CS-72C,CS-74C 分光感度特性
CS-73M 分光感度特性
CS-73C 分光感度特性
インターフェースの種類

USB3.2 Gen1及びPCI(Matrox Solios/Radient)のデュアルインターフェース

インターフェイス

デュアルインターフェース

注:旧表記名USB3.1 Gen1規格名USB3.0の新表記名です。

〈 パソコンダイレクトUSB 接続例 〉

USBインターフェースはカメラ標準なので別途購入の必要はありません。

ノートパソコンやタブレットでも手軽に使用できます。

〈 Matrox Solios/Radient 接続例 〉

カメラ性能の最速撮影毎に画像データの高速処理が行えます。

生産ラインの検査や撮影毎に画像分析を行う際に最適です。

Matrox社製のMILで画像処理を行っていた場合、それらの資産を有効活用できます。

〈 画像記録インターフェースBPU-31 接続例 〉

カメラの最速で連続撮影している画像データをリアルタイムに録画します。

内部メモリーをバッファとして録画しながらUSB3.2 Gen1でパソコンに保存できます。

高速な連続撮影結果をじっくり画像分析やデータ解析をする際に最適です。

記録画像はコマ送りや巻き戻しなどプレーヤーとして使用できます。

タイムスタンプも付けられますので時間経過による変化も確認できます。

注:旧表記名USB3.1 Gen1規格名USB3.0の新表記名です。高速なSSDに保存することをお勧めします。

CS-71M/C
型番 CS-71M CS-71C
通信方式 カメラダイレクトUSB3.2 Gen1注1 / Matrox PCIe注2 / BPU-31
対応波長領域 400nm~1000nm
A/Dコンバータ 12bit(4096階調)
モノクロ/カラー モノクロ カラー
素子型番 IMX531AAMJ-C IMX531AAQJ-C
画素数 2028万画素(1.1型)
有効ピクセル 4504×4504
素子受光サイズ 12.3mm×12.3mm
ピクセルサイズ 2.74μm×2.74μm
リニアリティ出力 注3
シャッター形式 グローバルシャッター
ピクセルクロック注4 85MHz
ゲイン倍率 最大100倍
フレーム
レート注5
フルフレーム 7.9fps(USB 3.1fps)
2×2ビニング 30.7fps(USB 8.6fps)
1/4間引き 30.7fps(USB 7.4fps)
1×1中央 31.2fps(USB 6.5fps)
外部トリガーオプション 外部信号による撮影(TTL CMOS 5V 信号)
冷却方法 2段ペルチェ、水冷機構付き
冷却温度注6 空冷時:外気温 -25~-30℃、水冷時:水温 -30~-40℃
シャッタースピード 1msから10分まで
レンズ取り付け Cマウント
電源 DC12V、3A(AC-DC電源別売)
カメラ寸法/重さ 約94(W)×107(H)×94(D)mm/約670g
付属
ソフト
詳しくはカメラ付属ソフトウェア参照
対応OS注7 Windows 10 64bit Ver.1909以降
出力データ
形式
オリジナル形式、RAW(汎用フォーマット)、TIFF(非圧縮)、
CSV、テキスト、バイナリ、BMP、JPEG、GIF、AVI
開発キット
オプション
詳しくはカメラ制御用SDK(ソフトウエア開発キット)参照
SDK Python、LabVIEW、Visual C#、Visual C++で使用可能なDLL,サンプルソース付き
カメラ
ドライバー
ImageJからカメラ操作が可能になる専用ドライバー

注1旧表記名USB3.1 Gen1規格名USB3.0の新表記名です。

注2Matrox製のカメラリンク方式フレームグラバボードです。

注3センサーにはリニアリティの記載はありませんが、冷却によりほぼリニアになります。(保証するものではありません)

注4PCIeボード及び通信ケーブルの対応速度に注意してください。(A/Dコンバータの動作クロックではありません)

注5速度はパソコンやデバイス性能及びトラフィック状況により異なります。

注6オプションの外付強制空冷ユニットの使用や、水温などの状況により異なる場合があります。

注7ARM版windowsには対応しておりません。

CS-72M/C・CS-74M/C
型番 CS-72M CS-72C CS-74M CS-74C
通信方式 カメラダイレクトUSB3.2 Gen1注1 / Matrox PCIe注2 / BPU-31
対応波長領域 400nm~1000nm
A/Dコンバータ 12bit(4096階調)/ 16bit(65536階調)
モノクロ/カラー モノクロ カラー モノクロ カラー
素子型番 IMX455ALK-K IMX455AQK-K IMX571BLR-J IMX571BQR-J
画素数 6104万画素(フルサイズ) 2602万画素(1.8型APS)
有効ピクセル 9568×6380 6244×4168
素子受光サイズ 36mm×24mm 23.5mm×15.7mm
ピクセルサイズ 3.76μm×3.76μm
リニアリティ出力 注3
シャッター形式 ローリングシャッター
ピクセルクロック注4 85MHz
ゲイン倍率 最大40倍 最大100倍
フレーム
レート注5
フルフレーム 16bit:1.3fps(USB 2.2fps)
12bit:2.6fps(USB 2.2fps)
16bit:3.1fps(USB 3.4fps)
12bit:6.2fps(USB 4.4fps)
2×2ビニング 16bit:3.0fps(USB 2.7fps)
12bit:3.3fps(USB 2.7fps)
16bit:6.7fps(USB 3.8fps)
12bit:7.5fps(USB 5.1fps)
2×2平均 12bit:10.5fps(USB 4.6fps) 12bit:24.0fps(USB 7.1fps)
1×1中央 16bit:20.5fps(USB 6.0fps) 16bit:25.5fps(USB 7.0fps)
12bit:31.6fps(USB 8.5fps)
その他の撮影モード
(16/12bit,1x1/2x2組合可)
正方画素:16M,9M,4M,1M
3:2画素:14M,9.8M,6.2M,3.5M,1.5M
外部トリガーオプション 外部信号による撮影(TTL CMOS 5V 信号)
冷却方法 3段ペルチェ 2段ペルチェ、水冷機構付き
冷却温度注6 空冷時:外気温-30~-40℃ 空冷時:外気温-25~-35℃、水冷時:水温-30~-40℃
シャッタースピード 1msから10分まで
レンズ取り付け Fマウント
電源 DC12V、6A(AC-DC電源別売) DC12V、3A(AC-DC電源別売)
カメラ寸法/重さ 約95(W)×100(H)×149(D)mm/約1.1kg 約94(W)×107(H)×122(D)mm/約750g
付属
ソフト
詳しくはカメラ付属ソフトウェア参照
対応OS Windows 10 64bit Ver.1909以降注7
出力データ
形式
オリジナル形式、RAW(汎用フォーマット)、TIFF(非圧縮)、
CSV、テキスト、バイナリ、BMP、JPEG、GIF、AVI
開発キット
オプション
詳しくはカメラ制御用SDK(ソフトウエア開発キット)参照
SDK Python、LabVIEW、Visual C#、Visual C++で使用可能なDLL,サンプルソース付き
カメラ
ドライバー
ImageJからカメラ操作が可能になる専用ドライバー

注1旧表記名USB3.1 Gen1規格名USB3.0の新表記名です。

注2Matrox製のカメラリンク方式フレームグラバボードです。

注3センサーにはリニアリティの記載はありませんが、冷却によりほぼリニアになります。(保証するものではありません)

注4PCIeボード及び通信ケーブルの対応速度に注意してください。(A/Dコンバータの動作クロックではありません)

注5速度はパソコンやデバイス性能及びトラフィック状況により異なります。

注6オプションの外付強制空冷ユニットの使用や、水温などの状況により異なる場合があります。

注7ARM版windowsには対応しておりません。

CS-73M/C
型番 CS-73M CS-73C
通信方式 カメラダイレクトUSB3.2 Gen1注1 / Matrox PCIe注2 / BPU-31
対応波長領域 400nm~1000nm
A/Dコンバータ 12bit(4096階調)/ 16bit(65536階調)注3
モノクロ/カラー モノクロ カラー
素子型番 IMX492LLJ-C IMX492LQJ-C
画素数 4551万画素(1.4型)
有効ピクセル 8192×5556
素子受光サイズ 19.3mm×13.1mm
ピクセルサイズ 2.315μm×2.315μm
リニアリティ出力 注4
シャッター形式 ローリングシャッター
ピクセルクロック注5 85MHz
ゲイン倍率 最大24倍
フレーム
レート
フルフレーム 12bit:3.2fps(USB 2.8fps)
2×2ビニング 12bit:4.5fps(USB 3.4fps)
4×4ビニング 疑似16bit:4.5fps(USB 3.4fps)
1×1中央 12bit:23.3fps(USB 6.2fps)
外部トリガーオプション 外部信号による撮影(TTL CMOS 5V 信号)
冷却方法 2段ペルチェ、水冷機構付き
冷却温度注6 空冷時:外気温 -25~-35℃、水冷時:水温 -30~-40℃
シャッタースピード 1msから10分まで
レンズ取り付け Cマウント注7 / Fマウント
電源 DC12V、3A(AC-DC電源別売)
カメラ寸法/重さ 約94(W)×107(H)×Cマウント:94 / Fマウント:122(D)mm/約750g
付属
ソフト
詳しくはカメラ付属ソフトウェア参照
対応OS注8 Windows 10 64bit Ver.1909以降
出力データ
形式
オリジナル形式、RAW(汎用フォーマット)、TIFF(非圧縮)、
CSV、テキスト、バイナリ、BMP、JPEG、GIF、AVI
開発キット
オプション
詳しくはカメラ制御用SDK(ソフトウエア開発キット)参照
SDK Python、LabVIEW、Visual C#、Visual C++で使用可能なDLL,サンプルソース付き
カメラ
ドライバー
ImageJからカメラ操作が可能になる専用ドライバー

注1旧表記名USB3.1 Gen1規格名USB3.0の新表記名です。

注2Matrox製のカメラリンク方式フレームグラバボードです。

注34×4デジタルビニング時のみ。

注4センサーにはリニアリティの記載はありませんが、冷却によりほぼリニアになります。(保証するものではありません)

注5PCIeボード及び通信ケーブルの対応速度に注意してください。(A/Dコンバータの動作クロックではありません)

注6オプションの外付強制空冷ユニットの使用や、水温などの状況により異なる場合があります。

注7Cマウントで撮影した際には、画像の四隅がケラレたり減光する場合があります。

注8ARM版windowsには対応しておりません。

図面はPDFです。図などをクリックすると別ページで開くかダウンロードになります。

pdf寸法図 CS-71,73 Cマウント CS-73,74 Fマウント CS-72 Fマウント
カメラの外観 カメラの外観 カメラの外観 カメラの外観
三脚取付金具 三脚取付金具 カメラ筐体の底面に
三脚取付ネジ
1/4-20uncあり
強制空冷ユニット 強制空冷ユニット
暗箱取付金具
(強制空冷ユニット付)
暗箱取付金具(強制空冷ユニット付)
水冷キット

仕 様(水温維持や調整はできません)
・サイズ:150×394×328mm
・吐出量:90~350mL/min
・ポリタンクタンク容量:10L
※この図面はありません。

水冷キット
電動フィルタ・
ホイール

図面はフィルタ5枚用です。
最大9枚まで特注可能です。
三脚取付金具付きです。
小型で軽量な手動タイプもあります。
詳しくはこちらをご覧ください。

電動フィルタ・ホイール