お気軽にお問い合わせください

tel. 048-554-7471

撮影用ツール

■カメラ付属ソフトウェア

冷却カメラに付属している標準ソフトウェア(カメラ制御アプリケーション)は冷却と撮影により、必要な画像データを取得することを目的としています。 目的の画像が撮れたか確認する為の画像処理や画像データの数値化、ユーザが定義することによりデータ分析できる機能などもあります。
実際にお使いになるとわかりやすいので、評価用貸出機にてお試しください。

〈概 要〉

カメラの機種やオプション設定、パソコンとのインターフェースにより多少異なる場合があります。

〈概 要〉

カメラの機種やオプション設定、パソコンとのインターフェースにより多少異なる場合があります。

希望温度を設定して開始するだけ。多段ペルチェ素子により強力な冷却を行います。
更なるS/N比向上や熱放出の悪い環境でも冷えるように、機種により標準で水冷機構(水の代わりに冷たい空気の循環も可)が付いています。
ソフトの起動時に自動冷却の開始や、冷却完了後に自動的に撮影する機能もあるので、自動撮影システムも構築できます。

MS-Office風なリボンスタイルがより直感的に操作でき、基本撮影では誰でも簡単に撮影ができます。
カーソル位置の画像データを数値化、ドラッグした領域内のデータ表示と共に最大、最小,平均も表示します。距離を測定したり、目印にするオーバーラップ画像の挿入も可能です。
カメラを複数台接続し、同時に撮影も可能です。

高速に連続記録する連写撮影では画像記録レコーダーを使用すると撮影間隔も指定できます。
記録画像は再生やコマ送りなどプレイヤー機能で操作できます。外部機器と連動して撮影する
外部トリガ機能は勿論、タイムラプス撮影や撮影後に自動的にデータ分析させるなど他のコマンドとの連動も可能です。
自動連続撮影では、条件を変えながら撮影と保存を繰り返す定義撮影,特定日時に撮影を開始するスケジューリング撮影など豊富な撮影機能を備えています。
暗電流のキャンセルやCCD、CMOS素子固有のFPN(固定パターンノイズ)補正,PRNU(感度ムラ)
補正に有効なダークフレームやフラットフィード機能も備えています。

ファイル保存
自動的に撮影してファイル化

カメラ付属ソフトでは、連写やタイムラプス、スケジューリング撮影などができます。また、外部トリガ・オプションにより同期撮影も可能です。さらに暗電流のキャンセルやCCD、CMOS素子固有のFPN(固定パターンノイズ)補正、PRNU(感度ムラ)補正に有効な機能も備えています。

形式 階調 用途
オリジナル
形式
16bit カメラ制御ソフトのオリジナル形式です。撮影条件や温度情報の他、表示を再現する為の情報などを含みます。
後からダークフレームやフラットフィールドの差し替えもできます。
TIFF 16/8bit 16bit非圧縮TIFFが、他の画像処理ソフトに読み込ませるのに適しています。8bitマルチTIFFにも対応しています。
RAW 16bit ヘッダ付のバイナリ形式です。カラー画像の場合は高解像度変換します。
16ビット画像に対応しているPhotoshopなどで利用できます。
バイナリ 16bit 単なるデータの羅列なので、自作ソフトで読み込む場合は簡単です。
撮像素子から得た生データなので、カラーの場合はベイヤ配列のままです。
テキスト,CSV 16bit Excelなど、テキストデータを読み込むソフトに向いています。
BMP,JPEG 8bit 画面で見たイメージに変換された一般的な画像形式です。
GIF,AVI 8bit 画面イメージに変換した動画形式です。連続撮影した画像を保存する場合に有用です。
画像の解析
画像の解析部分だけ独自化したい

カメラ付属ソフトには、定義に基づいて自作した分析機能を呼び出す機能があります。
撮影後自動的に呼び出したり、連続撮影毎に呼び出すこともできます。
カメラ制御までしたくないが、独自の処理をさせたい場合に適しています。

          
形式 概要
DLL
COM
C言語やC#やBasicなどでプログラムします。高速に処理ができるのでお勧めです。
EXE
(Windowsの実行形式)
プログラムを単純化するために、入出力データは実行パラメータとファイル経由です。
JavaScript
VBScript
Scriptでプログラムします。ファイル経由でデータの受け渡しをします。
HTML形式 Scriptを利用しますが、画面の入出力(デザイン)は容易になるでしょう。
カメラリンク風
カメラリンクのように使いたい フリーランニングモード

・カメラリンク風に利用する機能で、カメラの電源を入れると自動的に冷却して撮影を繰り返します。
・カメラの開発キットを購入することなく、Matrox Solios/Radientを使ってカメラ制御も可能です。
・自動撮影する条件設定(冷却温度やシャッタ速度等を変更)するためのソフトは付属します。
・露光時間とサイクルタイムはPCIボード(MIL)のソフトウエアトリガによる制御も可能です。
・カメラリンク用に作られた既存のソフト(検査装置)上で画像取得できる可能性があります。
・フリーランニングモードに対応しているカメラは、CS-60シリーズです。
・BH-60/70シリーズはカメラリンク準拠なので、そのままカメラリンクとして使用可能です。

カメラ評価用貸し出し時の備考欄に、シャッタ速度とフリーランニング設定希望とご記入ください。
フリーランニング設定状態でお送り致しますので、カメラを入れ替えるだけでテストができます。
フリーランニング設定ソフトも含まれたカメラ付属制御ソフトを同梱しますので、
自由に変更可能です。
■カメラ制御用 開発ツール

冷却カメラの組み込みによる分析装置や自社開発製品をもっと使いやすく。
様々な用途やレベルに合わせたきめ細やかなビットランのカメラ制御開発ツールで
思い通りのカスタマイズを。先進のプログラム開発が実現します。

ライセンスSDK
容易に自作ソフトからカメラ制御がしたい ●カメラ制御用SDK(ソフトウエア開発キット)

自社開発製品や自作分析装置への組み込みなどを実現するカメラ制御のプログラム開発が行えます。
Python, LabVIEW, MATLAB,Visual C#,Visual C++, Visual Basic用のサンプルがあり、
そのままトレース(デバッグ)できるソースプログラム付のため、開発時間を大幅に短縮できます。

特 長

・カメラコントロール(冷却、撮影、画像取得など)、関数へのアクセスのみで制御が可能。
・ライブラリ(DLL)が処理するので、冷却温度設定(管理)やベイヤ配列のカラー化も簡単。
・1つのソフトや複数のアプリケーションから同時に複数台のカメラを制御する場合でも、
容易に実現可能。

シングルライセンス:詳細へ カメラとサンプルを限定した研究用途に最適な低価格SDK。

無制限ライセンス:詳細へ 本格的な組み込みを容易にし、使用台数無制限。


●完全自社組み込み用コマンド公開

本格的に自社で作られている製品に冷却カメラの機能を組み込みたい場合で、不透明な部分を除外することができます。 また、Windows以外のLinuxやPLC制御などでもカメラ制御可能です。

コマンド公開:詳細へ カメラの通信コマンド仕様書を基にゼロから制御。VC++サンプルあり。

■カメラドライバImageJ用Excel用

シンプルなオペレーションと、自由なカスタマイズ。
撮影から分析までがワンストップ!データ解析をもっと迅速に、正確に。
ビットラン冷却CCD、CMOSカメラ専用ドライバです。

ImageJ
ImageJで画像処理をしたい

ImageJのプラグインから呼び出すことができる、カメラドライバ・オプションがあります。
そのままでも冷却から画像取得までできますが、Javaのソース付きなのでカスタマイズも簡単です。
画像処理や分析機能を加えるなど自分なりに使いやすく改良すると効果的に解析できるでしょう。

機 能

point 1冷却温度設定や撮影条件など、ダイアログや入力ボックスで簡単に使用できるように
設計しました。

point 2ピント合わせや被写体の位置合わせなどが容易にできるプレビュー用の専用ダイアログも
装備しました。

point 3指定した枚数を連写してスタックを構成することもできます。

point 4録画した画像を再生やコマ送りで確認でき、必要な部分だけImageJに展開可能です。

point 5関数仕様書とサンプルがjavaのソースレベルで提供されます。

〈サンプル例〉
カメラドライバの詳細
Excel
Excelで撮像データを数値化

Excel上から直接撮影して、画像データをシート化するオプションのカメラドライバです。
アドインも含めVBAのソース付なので、Excelで冷却から撮影、そしてデータ分析まで可能。
自由なカスタマイズで、自動化も実現できます。

機 能

point 1 直感的に操作したい方には、Excelのシート上に
冷却や撮影条件を配置して使用するサンプルが
機能的です。

point 2 大量なデータ処理を迅速に行いたい方には、
Excelのアドインに配置するサンプルが適して
います。

point 3 Excelを使いこなしている方には、
リボンに追加するサンプルが有用です。

カメラドライバの詳細