高感度・冷却CCD,CMOSカメラの設計・製造・評価機貸出はビットラン株式会社

ビットラン株式会社CCD事業部

TELEPHONE:048-554-7471

冷却CCDカメラ製品情報

冷却CCDカメラシステム BU-50シリーズ(2020.12:センサーメーカーが製造終了)

BU-50シリーズ
  • バイオテクノロジーやマシンビジョン分野のほか、装置への組み込みに最適な低価格・16ビット冷却CCDカメラシステムです。
  • 小型ながら強力なペルチェ冷却と水冷機構を標準装備。
  • 微弱光の検出用に開発し、精密光量計測用としても使用可能なリニアリティがあるモデルもラインナップ。
  • 紫外領域や近赤外領域に感度の高いモデルもあり。
  • ノートパソコンでも手軽に使えるパソコンダイレクトなUSB2.0。
  • Matrox社製フレームグラバボードMatrox Solios/Radientに対応。
  • 画像記録インターフェースを利用すると長時間録画も可能。

センサーの在庫がなくなったものから製造終了となります

コンパチブルな後継機種は無く、冷却CMOSカメラになります。こちらより用途に見合うものをお探しください。

バージョンアップ

カメラ制御ソフト及びSDKの最終バージョンはWindows10対応です。


  • ターミナル




BU-50シリーズ 冷却CCDカメラ一覧

BU-50シリーズの比較

※EXview HAD CCDⅡ及びEXview HAD CCDはソニー(株)の登録商標です。


インターフェース

BU-50シリーズのインターフェースには標準装備のUSB2.0のほか、次のオプションがあります。
画像記録用インターフェース(BPU-30)・オプション
BPU-30
内部メモリ搭載により連続で撮影している画像データをカメラ性能の最速やインターバル撮影で記録することが可能です。 画像を記録しながらファイル保存ができますので、ビデオレコーダーのように使用することもできます。
画像記録用インターフェース(BPU-30)
PCIボード(Matrox社製フレームグラバボード)・オプション
Matrox Solios/Radient)
撮影毎に画像解析やデータ分析などの処理が行えます。生産ラインの検査や撮影毎に画像処理を行う際に最適です。 特にMatrox社製のMILで画像処理を行っていた場合、それらの資産を有効活用できます。