高感度・冷却CCD,CMOSカメラの設計・製造・評価機貸出はビットラン株式会社

ビットラン株式会社CCD事業部

TELEPHONE:048-554-7471

冷却CCD,CMOSカメラ製品情報

コマンド公開資料とサンプル

冷却カメラに付属している標準カメラ制御ソフトではなく、自社開発製品や自作分析装置への組み込みなどを実現するカメラ制御のプログラム開発が行えます。
MATLAB,LabVIEW,VC++,VC#,VBで簡単にプログラム開発ができるライブラリ群としてSDKもあります。また、ImageJやExcelから撮影たい場合はカメラドライバもあります。

    本格的に自社で作られている製品に冷却カメラの機能を組み込みたい場合で、不透明な部分を除外したい場合に必要になります。(SDKの場合は関数内がブラックボックスです。)また、Windows以外のLinuxやPLC制御などでもカメラ制御可能です。

    カメラの通信コマンド仕様書を基にゼロから制御ソフトを構築することにより、冷却カメラを組み込んだ装置や自社開発ソフトなどを量販する際にビットラン㈱固有の形式(ダイアログやアイコンなど)を表示することなく完全な自社製のカメラ制御ソフトが構築できます。

    参考 ⇒ コマンド公開とSDKの違いの概略

  • 冷却、撮影、画像取得など全てのカメラコントロールを自作ソフトで制御可能。
    (温度管理は指定できますが、カラー高解像度への変換は自作する必要があります。)
  • Microsoft Visual C++で記述したソースコード付きの(そのままデバッグできる)サンプルオプションあり。
    (サンプルソフトは冷却から撮影までの簡単なもので、Windows上でのみ動作します。)
  • 仕様書を基にデバイスドライバを作成すれば、Linuxなど動作させるOSを問いません。
    (Windows10/8.1/8/7/Vista/XP用ドライバはあり、使用法は公開されています。)
  • カメラ性能の最高速度追及やMIL(Matrox Imaging Library)で構築されたシステムの資産活用に有用です。
  • 1つのパソコンやソフトから同時に複数台のカメラ制御をすることも自作可能です。
  • カメラ制限がないので、同一シリーズ内のどのカメラでも使用可能。(ライセン無制限)
  • 機密保持契約を結ぶ必要があります。
  • Matrox社製PCIボードにて通信を行う場合、Matrox Imaging Library(MILまたはMIL-Lite) 8.0以上が必要。
  • Matrox社製PCIボード以外のカメラリンクボードを使用することも可能ですが、動作保証はできません。
  • 電動フィルタ・ホイールの制御には別途電動フィルタ・ホイール用SDKが必要です。詳しくはお問い合わせください。
      コマンド仕様書 コマンドの注意点 コマンド仕様書を基にカメラの制御ソフトを作成します。 カメラの制限がないので、同一シリーズ内の全ての冷却カメラの制御ができます。全インターフェースにも対応。
                                        
  • コマンド仕様書
  • Windows用サンプルソフト・ソースコード付き(別買)
    Microsoft Visual C++6.0 Win32 Application
    Microsoft Visual C++2010 MFCリボンスタイル (x64,x86用)

    サンプル例
    VC++サンプル