高感度・冷却CCD,CMOSカメラの設計・製造・評価機貸出はビットラン株式会社

ビットラン株式会社CCD事業部

TELEPHONE:048-554-7471

冷却CCDカメラ製品情報

200万画素 紫外領域対応・冷却EM-CCDカメラシステム

BU-66EM-UV

200BU-66EM-UVは紫外領域撮影用・電子増倍機能冷却CCDカメラです。2段ペルチェによる冷却が効率よくEMゲインを上げます。

CCDセンサーの感度が低い紫外領域に対して、CCD内部で増倍させることによりリードアウトノイズを増幅させることなく画像が取得できます。

フォトリソグラフィ、蛍光浸透探傷検査、鉱物解析、紫外吸収法など紫外線蛍光に関する分野に最適。

RoHS対応

特 徴

  • 紫外領域200nmから可視光領域まで撮影可能
  • 小型・低価格な電子増倍冷却CCDカメラ
  • 16ビット/12ビット階調を用途に合わせて切り替え可能
  • USB3.0標準、Matrox Solios/Radientにも対応
  • 画像記録用インターフェース(BPU-30)により録画,再生可能
  • MATLABやLabVIEW,VC++,VC#,VBからカメラを制御可能
  • ExcelやImageJ上で直接撮影するカメラドライバあり

分光感度特性

分光感度特性図

仕 様

製品名 BU-66EM-UV
CCD素子 KAE-02150(200~1000nm)
ピクセル数 1920×1080(5.5×5.5µm)
ゲイン機能 1倍,2倍,5倍,10倍,20倍
冷却方式 2段ペルチェ冷却(水冷機構付き)
冷却温度 外気温-30~-40℃,水温-35~-40℃
A/D変換 1×1ビニング 2×2ビニング
  12ビット 15fps 25fps
16ビット 4.2fps 7.9fps
露光時間 1ms~18時間
レンズマウント Cマウント(2/3"型)
インターフェース パソコンダイレクトUSB3.0(カメラ標準)
  BPU-30による録画
パソコンへの転送USB3.0
1ms単位のサイクルタイムが指定可能
録画しながらファイル保存する機能により長時間録画も可能
PCIによる連写
Matrox Solios/Radient
カメラ最速周期で撮影毎のデータを分析可能
パソコンとカメラ間を長くすることが可能
ビニング機能 標準2×2,オプション4×4,8×8,16×16(XYの任意組み合わせ不可)
外部トリガ・オプション 外部信号による同期撮影、露光時間制御
マルチ動作対応・オプション 1台のパソコンでカメラ複数台同時動作
※仕様の詳細はカタログを参照してください。
注記:BU-66EMは外国為替及び外国貿易法により定められた輸出規制において非該当ですが、輸出管理社内規定により該非判定書は発行できません。
BU-60シリーズ搭載のCCD素子はセンサーメーカーが生産を終了していますので在庫限りとなります。詳しくは価格表を参照してください。